平成20年4月から後期高齢者医療制度スタート
トップページ > 後期高齢者医療制度 > 各種手続き・窓口

各種手続き・窓口

各種手続き・窓口

こんなときは、お住まいの市区町村の窓口への届出(申請)をお願いします。

こんなときは 必要なものと手続き いつ
他の市区町村へ転出するとき 被保険者証の返還、
住民異動(転出)の届出
転出することが決まったとき
他の市区町村から転入したとき 住民異動(転入)の届出 14日以内
府外に転出するとき 被保険者証、印かん(認印)、
住民異動(転出)の届出
転出することが決まったとき
府外から転入したとき 被保険者証、印かん(認印)、
負担区分等証明書(前住所地で発行)、
住民異動(転入)の届出
14日以内
一定の障害のある状態となったとき
(65歳から74歳の方)
国民年金証書、
身体障害者手帳等、印かん(認印)
広域連合による一定の障害の認定を受けようとするとき
広域連合による障害認定を撤回するとき
(65歳から74歳の方)
被保険者証の返還、印かん(認印) 広域連合による障害認定の撤回希望するとき
被保険者が死亡したとき 被保険者証の返還 死亡届提出後
葬祭費の申請
(被保険者証、申請書、印かん(認印)、葬儀の領収書、口座情報)
葬儀を行ったとき
生活保護を受けるようになったとき 被保険者証の返還、
生活保護(受給)証明書
すみやかに
生活保護を受けなくなったとき 生活保護(廃止)証明書 すみやかに
被保険者証の紛失等で再交付を受けるとき 身分を証明するもの(運転免許証、パスポート等)、印かん(認印)
※汚損・破損した場合は、その被保険者証
すみやかに
※再交付後に被保険者証が見つかったときは、すぐに古い方の被保険者証をお返しください。
  • 手続きの内容によって上記以外のものが必要となる場合がありますので、市区町村担当窓口に確認してください。

交通事故などで負傷や病気をした場合でも後期高齢者医療で治療ができます。

 交通事故や暴力行為など第三者の行為によってけが(負傷)や病気をしたときは、その第三者が損害賠償として、必要な治療費を負担する必要があります。この場合、医療費を全額第三者が負担することにして、治療のつど医療費を支払ってもらうことができます。
 しかし、被保険者側にも過失がある場合など、第三者が全額の支払いに応じることができない場合もあり、いったん被保険者が治療費を負担しなければならないことも考えられます。
 このような時、被保険者の負担が大きくなることを避けるため、保険給付ができる治療の場合は、病院などで被保険者証を提示し、後期高齢者医療で治療を受けることができます。ただし、この場合は広域連合がいったん治療費の一部を立て替えたこととなるので、お住まいの市区町村後期高齢者医療担当窓口で「第三者行為による傷病届」の届出を行っていただく必要があります。(高齢者の医療の確保に関する法律施行規則第46条)
 傷病届の受付後、広域連合が立て替えた分の医療費は、第三者に賠償請求することとなります。


 交通事故にあったときは
 

 まず、警察に交通事故にあったことを届け出ましょう。事故が原因で負傷している場合、一般には「人身事故」の扱いとなります。
 その後、自動車安全運転センターで「交通事故証明書」を発行してもらってください。
 ご準備ができましたら「交通事故証明書」「印かん(認印)」「被保険者証」をもって市区町村担当窓口で「第三者行為による傷病届」の届出をしてください。
 届出用紙は市区町村担当窓口でお渡しいたしますが、次のとおりダウンロードすることができますので、ご活用ください。


 第三者行為による傷病届 ※提出する際はそれぞれ2部必要です。

※第三者が加入している任意保険会社に、作成等へのご協力をいただける場合はこちら





    このほかに「交通事故証明書」の提出も必要です。

受診に際してのご注意
  • 第三者側から治療費を受け取ったり、示談を済ませたりすると、後期高齢者医療制度の医療を受けられなくなる場合があります。(例:広域連合が立て替えた分も含めて治療費を受け取る、広域連合が立て替えている治療費も含め今後一切の請求を行わないといった内容の示談を行う)示談をする前に、必ず市区町村担当窓口にご相談ください。