平成20年4月から後期高齢者医療制度スタート
トップページ > 後期高齢者医療制度 > 健康診査・人間ドックなど

健康診査・人間ドックなど

健康診査(医科)

糖尿病等の生活習慣病の早期発見のため、健康診査を実施しています。

対象者 受診日時点で大阪府後期高齢者医療広域連合の被保険者である方
※介護保険施設等に入所中の方や、病院又は診療所6ヶ月以上継続して入院中の方は対象外です。
健診項目 <基本的な健診項目>
  • 問診(服薬歴・喫煙歴等)
  • 身体計測(身長、体重、BMI)
  • 理学的検査(身体診察)
  • 血圧測定
  • 血液検査
  • 肝機能検査(AST(GOT)、ALT(GPT)、γ−GT(γーGTP))
  • 脂質検査(中性脂肪、HDLコレステロール、LDL(Non−HDL)コレステロール)
  • 血糖検査(空腹時血糖(食直後は除く)、HbA1c)
  • 尿検査(尿糖、尿蛋白)
  • 腎機能検査(血清クレアチニン、eGFR、血清尿酸)
<詳細な健診項目>(健康診査を実施した医師の判断等により必要と認められた方に限ります。)
  • 貧血検査(ヘマトクリット値、血色素量、赤血球数)
  • 心電図検査
  • 眼底検査
受診者の自己負担 無料(一部の項目のみ受診された場合を除く)
受診期間 受診券を受け取られたとき〜当該年度の3月31日(年度中1回)
実施場所

【健康診査(医科) 実施登録医療機関リスト】 

※市区町村名にマウスポインタを合わせてクリックしてください。ファイルが開きます。 
■大阪市(区を選択してください)

〇都島区 〇福島区 〇此花区  〇西区 〇港区 〇大正区  〇天王寺区 〇浪速区
〇西淀川区 〇東淀川区 〇東成区 〇生野区 〇旭区  〇城東区  〇阿倍野区
〇住吉区 〇東住吉区 〇西成区  〇淀川区 〇鶴見区 〇住之江区 〇平野区
〇北区 〇中央区

■堺市(区を選択してください)

〇堺区 〇中区 〇東区・美原区 〇西区 〇南区 〇北区

■北大阪地域

〇池田市・豊能町・能勢町 〇箕面市  〇茨木市  〇高槻市・島本町 〇豊中市
〇吹田市 〇摂津市

■南河内地域

〇松原市 〇羽曳野市 〇藤井寺市 〇富田林市・太子町・河南町・千早赤阪村
〇大阪狭山市 〇河内長野市

■東部大阪地域

〇枚方市 〇交野市 〇寝屋川市 〇守口市 〇門真市 〇大東市・四條畷市
〇東大阪市 〇八尾市 〇柏原市

■泉州地域

〇和泉市 〇高石市 〇泉大津市・忠岡町 〇岸和田市 〇貝塚市
〇泉佐野市・泉南市・阪南市・熊取町・田尻町・岬町


受診に際してのご注意
  • 健診を受ける際は、被保険者証と受診券(広域連合から直接送付)を持参してください。
  • ※問診票は実施医療機関でお渡ししますので、ご持参いただく必要はありません。
  • 市町村によっては、市町村独自の健診項目(上乗せ項目)を受診できる場合があります。

歯科健診

お口を健康に保つことは、カラダの健康を維持することにつながります。
高齢になると、むせこんだり、のどにつかえたりすることが多くなり、これが原因で誤嚥性肺炎を起こすことがあります。
この歯科健診は、「歯」だけでなく「お口の機能」を含めてチェックをしますので、義歯(入れ歯など)を使用中の方も、1年に1回歯科健診を受けましょう。

対象者 受診日時点で、大阪府後期高齢者医療広域連合の被保険者である方。

※ただし、以下に該当する方は対象外となります。
  • 病院又は診療所に6ケ月以上継続して入院中の方
  • 特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、養護老人ホーム、障害者支援施設などの施設に入所または入居している方
  • 介護予防事業における口腔ケア等の歯科保健事業の対象となる方
健診項目 <基本的な健診項目>
  • 問診
  • 歯の状態
  • 歯周組織の状況
  • 咬合の状態(噛み合わせ)
  • 口腔衛生状況
  • 口腔乾燥
  • 咀嚼能力(噛む力)
  • 舌機能(舌の動き)
  • 嚥下機能(飲み込み)
  • 顎関節(顎の動き)
受診者の自己負担 無料(一部の項目のみ受診された場合を除く)
受診期間 4月1日〜当該年度の3月31日(年度中1回)
実施場所

【歯科健診 実施登録歯科医院リスト】 

※市区町村名にマウスポインタを合わせてクリックしてください。ファイルが開きます。
■大阪市(区を選択してください)

〇北区 〇都島区 〇福島区 〇此花区 〇中央区 〇西区 〇港区 〇大正区
〇天王寺区 〇浪速区 〇西淀川区 〇淀川区 〇東淀川区 〇東成区
〇生野区 〇旭区 〇城東区 〇鶴見区 〇阿倍野区 〇住之江区 〇住吉区
〇東住吉区 〇平野区 〇西成区

 
■堺市(区を選択してください)

〇堺区 〇中区 〇東区 〇西区 〇南区 〇北区 〇美原区

■北大阪地域

〇箕面市・能勢町 〇池田市・豊能町 〇豊中市 〇吹田市 〇茨木市 
〇摂津市 〇高槻市・島本町

■南河内地域

〇藤井寺市 〇松原市 〇羽曳野市 〇富田林市・太子町・河南町・千早赤阪村
〇大阪狭山市 〇河内長野市

■東部大阪地域

〇枚方市 〇交野市 〇寝屋川市 〇守口市 〇門真市 〇大東市・四條畷市
〇東大阪市 〇八尾市 〇柏原市

■泉州地域

〇高石市・忠岡町 〇泉大津市 〇和泉市 〇岸和田市 〇貝塚市
〇泉佐野市・泉南市・阪南市・熊取町・田尻町・岬町


受診に際してのご注意
  • 健診を受ける際は、事前に歯科医院へ問い合わせの上、受診時には被保険者証を持参してください。
  • ※受診票は歯科医院でお渡ししますので、ご持参いただく必要はありません。
  • 市町村によっては、市町村独自の健診項目(上乗せ項目)を受診できる場合があります。

人間ドック

被保険者の方が、人間ドックを受診された場合、年度ごとに1回、費用の一部を助成しています。

助成対象者 受診日時点で大阪府後期高齢者医療広域連合の被保険者である方
助成額 26,000円
ただし、他の検査や追加検査の費用を除いた人間ドック自体の費用が26,000円未満の場合は、その費用が助成額となります。
対象とする医療機関等 全国の医療機関および検査機関での受診が対象となります。
申請方法 人間ドックを受診した費用を、一旦、全額負担いただいた後、下記の@〜Dの書類を持参の上、市町村窓口に申請してください。
@ 受診された人間ドックの領収書
A 検査結果通知書の写し
B 被保険者証
C 口座情報のわかるもの
D 被保険者の印かん(認印)

※受診された日の翌日から2年を過ぎると助成対象にはなりませんので、ご注意ください。
検査項目

次の検査項目(※)を受診してください。
※公益社団法人日本人間ドック学会が公表している一日人間ドック基本検査項目

検査区分 項 目
身体計測
身長、体重、肥満度、BMI、腹囲
生  理
血圧、心電図、心拍数、眼底、眼圧、視力、聴力、呼吸機能
X線・超音波
胸部X線、上部消化管X線、腹部超音波
生 化 学
総蛋白、アルブミン、クレアチニン、eGFR、尿酸、TC、HDL−C、LDL−C、Non−HDL−C、中性脂肪、総ビリルビン、AST、ALT、γ−GT、ALP、空腹時血糖、HbA1c
血 液 学
赤血球、白血球、血色素、ヘマトクリット、血小板数、MCV、MCH、MCHC
血 清 学
CRP、(血液型、梅毒反応、HBs抗原)
尿
蛋白、PH、尿糖、潜血、比重、(沈渣)
そ の 他
便潜血、内科問診・診察

※ 脳ドックやPET(総合がん検診)、各種がん検診、追加検査等の費用は助成の対象となりません。
※ 受診項目が複数欠けているもの、内容がかけ離れたものは、助成できない場合があります。
※ 人間ドックを受診された方は、後期高齢者医療健康診査を受診する必要はありません。

人間ドック費用助成事業についてのご案内と検査項目を確認することができます。
  人間ドック費用助成事業を実施しています。

◎ 受診いただける医療機関等については、大阪府のホームページに掲載されていますので、参考までにご活用ください。
大阪府医療機関情報システム

このシステムで提供する医療機関の情報は、大阪府が大阪府医師会、大阪府歯科医師会、大阪府病院協会、大阪府私立病院協会、大阪精神科病院協会のご協力をいただいて、大阪府内の全病院を対象とした調査をもとに提供しております。

ジェネリック医薬品

後発医薬品(ジェネリック医薬品)とは、先発医薬品(新薬)の特許が切れた後に国の承認を得て販売される、先発医薬品と同じ有効成分をもつ医薬品のことです。

・ 先発医薬品より安価で、経済的です。
・ 効き目や安全性は、先発医薬品と同等です。

日本ジェネリック医薬品学会のホームページより「かんじゃさんの薬箱」をご参考ください。
※後発医薬品(ジェネリック医薬品)を希望される場合は、医師・薬剤師にご相談ください。

セルフメディケーション

  ◆セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)とは、・・・

 健康の維持増進及び疾病の予防への取組として一定の取組(特定健康診査・予防接種・定期健康診断・健康診査・がん検診)を行う個人が、平成29年1月1日から平成33年12月31日までの間に、自己又は自己と生計を一にする配偶者その他の親族に係る一定のスイッチOTC医薬品の購入の対価を支払った場合において、その年中に支払ったその対価の額の合計が1万2,000円を超えるときは、その超える部分の金額(その金額が8万8,000円を超える場合には、8万8,000円)について、その年分の総所得金額等から控除するものです。

詳しくは、厚生労働省のホームページをご覧ください。
  http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000124853.html

 この適用を受けるためには、個人が、その年中に一定の取組を行い、確定申告書の提出の際に、当該取組を行ったことを明らかにする書類を添付又は提示する必要があります。


  ◆本広域連合での証明書の対象となるものは

(1)健康診査  (広域連合が実施している検査を受けた健康診査)
 ※後期高齢者医療健康診査受診票兼結果票をもって証明の代わりになります。

(2)人間ドック (広域連合で費用助成を受けたもの)

(3)歯科健診  (広域連合の指定された検査項目で実施する市町村の歯科健診)

 (1)〜(3)について、証明書が必要な場合は、所定の証明依頼書に必要事項を記入のうえ、市区町村の後期高齢者医療担当窓口へ提出してください。
 後日、広域連合から申請者へ証明書を送付いたします。

   

※証明依頼書については、広域連合のホームページ【申請書ダウンロード】から
セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)に関する証明